2010年02月15日

宮崎・都城で住宅火災、2人死亡(読売新聞)

 14日午前4時10分頃、宮崎県都城市高城町有水の上津曲(かみつまがり)勇夫さん(78)方から出火し、木造平屋建て住宅約100平方メートルと鉄骨一部2階立ての倉庫約70平方メートルを全焼した。

 約1時間15分後に鎮火し、住宅内から2人の遺体が見つかった。上津曲さんと、同居する妻の久子さん(80)の行方がわからなくなっており、県警都城署は、この2人とみて身元確認を急いでいる。

 発表によると、上津曲さんは久子さんと2人で暮らしていた。近くの住民から「倉庫が燃えている」との119番があり、倉庫内に止めてあった軽乗用車も全焼した。現場は鹿児島県境まで約20キロの農村部。

<火災>ケニア大使公邸が半焼 けが人はなし 東京・目黒(毎日新聞)
あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気(産経新聞)
「バチッ」と痛い静電気 冬季平均115回 最多県は高知226回(産経新聞)
<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
羽毛田長官「様子見たい」 陛下の「夜のご執務」で (産経新聞)
posted by フクイ カズヒコ at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

首相と小沢氏の会談で説明に食い違い 首相「頑張ってとはいっていない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)は9日午前、小沢一郎同党幹事長の続投を容認した8日午後の会談でのやり取りについて、「頑張ってくださいという言葉は使っていない。(小沢氏から)『このまま続けてよいか』といわれたので、『はい』と申し上げた」と説明した。首相公邸前で記者団に答えた。

 小沢氏は会談後の8日夕の記者会見で「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』といわれた」と語っており、首相と小沢氏の説明に食い違いが生じた格好となっている。

【関連記事】
鳩山首相が小沢幹事長の続投を容認
小沢幹事長「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」
鳩山首相「重い十字架背負うのは辛い」
秘書の罪は議員の罪?加藤紘一氏の“逆襲”に首相しどろもどろ
「ここでは申し上げない」鳩山−小沢会談について首相

ひき逃げで小学生重傷=登校途中に−兵庫・芦屋(時事通信)
石川議員、小沢氏と会談へ=鳩山首相(時事通信)
民主・石川衆院議員保釈、保証金1200万円(読売新聞)
捕鯨妨害船が異常接近=水産庁(時事通信)
12日に集中審議=衆院予算委(時事通信)
posted by フクイ カズヒコ at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。