2010年03月09日

外国人学校への助成、世界的に異例(産経新聞)

 鈴木寛文部科学副大臣は5日の衆院文科委員会で、高校授業料の無償化に関連し「フランス、ドイツで一部の外国人学校に助成している例はあるが、世界に先駆けた取り組みだ」と述べ、在日外国人への支援金支給は世界的に異例の措置であることを明らかにした。高野守氏(民主)に対する答弁。文科省によると、高校授業料無償化制度は経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国のうち、米国、フランス、ドイツ、フィンランド、オランダ、デンマークなど14カ国で確認されているが、「支援金支給の例は確認できていない」という。

【関連記事】
高校無償化で川端文科相「朝鮮学校の扱いは現時点では未定」
朝鮮学校 “北崇拝”に税金出せるか
高校無償化の対象に 朝鮮学校校長らが民主神奈川県連に陳情
「公明との連立や選挙協力あり得ない」 民主・輿石氏
金総書記が朝鮮学校運営に指示「統廃合は敗北主義」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

首相動静(3月6日)(時事通信)
走行中「のぞみ」車内に煙充満、車輪付近から油(読売新聞)
通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導(読売新聞)
【Web】五輪フィギュア女子にネットも最高潮(産経新聞)
<自民>問われる真価 「政治とカネ」攻防、参院へ(毎日新聞)
posted by フクイ カズヒコ at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。