2010年03月27日

政権への打撃回避に努力=小林議員問題で−農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は23日の閣議後会見で、北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件に関し、民主党の小林千代美衆院議員が離党や議員辞職を否定したことについて「(鳩山政権への)ダメージが全くないということには、ならない」と述べた。その上で、政権運営への打撃を抑えるためには「いかに国民のために仕事をしているかを見せるしかない」と指摘した。 

【関連ニュース】
「離党・辞職否定、良くない」=小林議員進退で民主幹部と協議へ
民主、参院選控え動揺=小林議員「続投」に異論も
民主・小林議員の会見要旨
「破廉恥」「自浄作用怠る」=野党、民主・小林議員に反発
民主党議員の「政治とカネ」をめぐる主な動き

元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁(産経新聞)
山手線外回りが運転再開 架線トラブル(産経新聞)
こいのぼり 大空に“放流”間もなく 埼玉・加須(毎日新聞)
「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁(産経新聞)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
posted by フクイ カズヒコ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。